ようこそ

「日本オープンイノベーション研究所」は、ビジネスの現場における実践的なオープンイノベーションの活用を推進する為に研究者、経営者などで設立された組織です。クライアント企業の経営戦略の適したソリューションとなるオープンイノベーションを企画、実践し各種セミナーやメール配信を通してオープンに成果を展開しております。例えるならば複数企業でのR&D機関です。 各種研究テーマは、会員企業によって随時追加・更新しております。クライアント企業の競争優位性、アイデンティティの確立に寄与するべく、常にICTの環境変化に対応しながら研究を続けより価値の高いサービスを提供いたします。

また、コスト削減に特化した活動としてOSS活用があります。
当研究所は、立ち上げ当初から様々なOSSを手掛けております。ここで蓄積されたノウハウに加え、実企業での運用事例や
ローカライズ事例なども会員企業にとって有用なものであると考えます。

ICTの変化と変わらない事業の心を大切にしてまいります。

 

オープンイノベーションとは
自社技術と他社が持つ技術やアイデアを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや革新的な研究成果につなげる方法の事です。

オープンイノベーション(英: open innovation)とは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家など異業種、異分野が持つ技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開発、組織改革、行政改革、地域活性化、ソーシャルイノベーション等につなげるイノベーションの方法論である。

ハーバード・ビジネス・スクールのヘンリー・チェスブロウ(英語版)助教授によって提唱された概念で、イノベーションをおこすため、企業は社内資源のみに頼るのではなく、大学や他企業との連携を積極的に活用することが有効であると主張する。従来、企業は自社の中だけで研究者を囲い込み研究開発を行ってきた。こうしたクローズトイノベーションの研究開発は、競争環境の激化、イノベーションの不確実性、研究開発費の高騰、株主から求められる短期的成果等から困難になってきた背景がある。そのため、大学や他社の技術のライセンスを受けたり、外部から広くアイデアを募集するなど、社外との連携を積極活用するオープンイノベーションをとる企業が増えている。
クローズトイノベーションを、自社の研究開発だけでなく、既存の社外連携(既存の産学連携やサプライヤーとの協業など)も含めたものとして捉え、そこで不足する技術やアイデアをもつ新しい相手に協業先を拡げる活動をオープンイノベーションと定義することもある。
オープンイノベーションで、定義されているイノベーションは社内システムから人事制度、CSRまで多岐にわたり技術分野には限定されない。 (Wikipediaより引用)

 

OSS(Open Source Software :オープンソースソフトウェア)とは
オープンソースの概念に基づき、ソフトウェアのソースコードが無償で公開され、改良や再配布を行うことが誰に対しても
許可されているソフトウェアの事です。

 

更新情報・お知らせ

2017/4/1 組織概要更新
2014/2/17 ホームページリニューアル
2010/10/10 ホームページ開設

便利リンク

独立行政法人情報処理推進機構

MyJVNバージョンチェッカー

お使いのPCやサーバにインストールされたソフトウェア製品やシステムの設定が、危険な状態になっていないかを確認します。

岡山市

岡山ESDプロジェクト

ESDとは、持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development)の頭文字を取ったものです。ダイバーシティーが叫ばれる中、企業の理解・参画も求められています。

広島県おしい!委員会

おしい!広島

たくさんの人が広島を訪れ「おしい」が「おいしい」に変わる日を目指したプロジェクト。

 

SDGsに向けた活動

SDGsイニシアティブジャパン

SDGs(持続可能な開発目標)の推進を目的に「みんなが笑顔になれる世界をあなたと共に。」を実現するためのプロジェクト。(事務局長 平社 和也)です。当組合のESDプロジェクトを母体に設立されました。